まずは遅くなる原因を知ろう

ポケットWi-Fiの通信速度が遅いとイライラしますよね。

特に無線の電波なので、場所によっては電波が届きにくく、遅くなることがあるんです。

そこで、より高速化できたらいいですよね。

その前にまずは遅くなる原因を知りましょう

まず一番多い低速化の原因は、月の通信量の上限を超えてしまったというケース。

一般的には1カ月で7GB。あるいは3日で3GBを超えると、通信制限を受けてしまいます。

これは、無線LANを使う利用者が公平に電波を使えるようにという配慮です。

今のところ通信量が無制限になるプランは存在しないので、なるべく節約しながらネットをすると良いでしょう。

爆速化する方法はあるの?

ネット上でよく囁かれている通信速度の高速化。

そんな魔法の言葉があるのは事実です。

それはPCの端末などのDNSの接続先を変更することで、通信速度UPさせるのです。

でも、DNSってなんのことだか、さっぱりですよね。

まずはそちらを見ていきましょう。

DNSとはインターネットの用語の1つで、少し専門的に言うと、ドメイン名とIPアドレスの対応付け、そしてメールの宛先ホストを支持するためのシステムになります。

う〜ん。なんのこっちゃ分かりませんね。

かみ砕くと、DNSはインターネットを行う上で、なくてはならないシステムになります。

インターネット上にはIPアドレスという、いわゆるネット上の住所があります。

それを管理、運用するのがDNSだと覚えておきましょう。

DNSを変更すると早くなるってホントなの?

DNSをより高速なDNSに変更することで、インターネットの通信速度をUPさせることは可能です。

現在の高速のDNSのIPアドレスは「129.250.35.250」。

これでよりインターネットを高速化させることが出来ます。

この数値をPCやiPhoneの設定画面で変更することが出来ます。

やり方は簡単。

一般的には「設定」→「Wi-Fi」→「接続しているネットワーク」と、進んでいくとDNSの項目が表示されます。

そこに「129.250.35.250」を打ち込めば設定は完了です。



to TOP