ポケットWi-Fi、有線接続は可能です

ポケットWi-Fiは無線です。

これを使えば、1台でスマホやPC、タブレットなどをネットにつなげることができます。

けれど無線だと電波の受信が不安定になる、なんてことはありませんか?

実は、ポケットWi-Fiを有線LANでつなぐことが出来るんです。

こうすると、無線LANに対応していない、デスクトップのパソコンや、ノートパソコンであっても、固定回線用のLANケーブルを使うことで、問題なく接続することが出来るようになります。

どうやって、有線接続をするの?

簡単なのは、ポケットWi-Fiの端末に対応したクレードルという機器を使うことです。

クレードルという機器を知っていますか?

簡単に説明しましょう。

「クレードル」というには、スタンド型の拡張機器のことを言います。

例えば、Wi-Fiの対応端末を充電したり、クレードル本来に有線LANケーブルをつなげることで、無線LANに対応していないPC機器もネット接続をさせることができるようになります。

つまり、クレードルがあれば、無線接続、有線接続と自在に変更できるということです。

クレードルってどのくらいの費用が掛かるの?

家電量販店に行く場合、ポケットWi-Fiを契約すると、同時にクレードルもセットで販売してくれるケースがあります。

前述した通り、クレードルは非常に便利な機能を持つので、1台持っておくと何かと安心です。

気になる費用ですが、クレードルは2,000円〜3,000円程度で持つことが出来ます。

最初に購入しなくても、ネットショッピングからでも購入することが可能となっています。

Amazonや楽天市場からなど購入することが出来ます。

また、クレードルはポケットWi-Fi端末を契約したとき、セットでついてくる場合もあります。

クレードル以外にもこんな方法があります

クレードルがなくてもコンバーターなどの外部機器を利用することで、有線LAN化することが出来ます。

コンバーターというのはPC関連機器の一種で、有線LANの接続を無線LANにしたり、逆に無線LANを有線LANに接続することができます。

デスクトップやノートパソコンを有線接続することを検討している場合、コンバーターやクレードルを使うと便利になるのでお勧めです。



to TOP