ポケットWi-Fi

そもそもポケットWi-Fiってなんなの?

ポケットWi-Fiというからには、ポケットに入れて持ち運べるほどに、小型化・軽量化された通信機器になります。

一般的にはモバイルルーターと呼ばれています。

では、モバイルルーターとはどのようなことを言うのでしょうか?

簡単言うとルーターとは、PCやタブレットをネットにつなぐための端末になります。

PCやタブレット、単体だけではネットにつなげない機器をルーターを介してネット接続させるのです。

ルーターは分かったけど、Wi-Fiってなんなの?

Wi-Fi=「うぃふぃ」ではなく「わいふぁい」と読みます。

これは一言でいえば無線のことを指します。

Wi-Fiは家の中で使っているPCやタブレットなどのネットワークの対応機器に対し、無線を飛ばすことで、ネットに接続させるというありがたい方式です。

有線接続と違い、無駄なケーブルがいらないので、デスク回りなどをすっきりとさせることが出来ます。

そして、この無線という電波を受信し、ネットに接続させるのが先ほど言ったルーターの役割になります。

モバイルルーターってどんなことが出来るの?

モバイルルーターがあれば当然のことながら、端末を外に持ち出してどこでもインターネットにつなぐことが可能になります。

よってカフェや学校、あるいは職場や空港や駅などでも、場所を気にせずネットを楽しむことが出来るのです。

また、現在のポケットWi-Fi(ルーター)は駆動時間も長く、大体どんな端末を選んでも8〜10時間程度バッテリが持ちます。

よって、1日中外に持ち出しても、バッテリの心配をする必要がありません。

モバイルルーターってほんとにどこでも使えるの?

モバイルルーターには対応するネットワークの回線があります。

俗にいう、「LTE」や「3G」「4G」「WiMAX」という回線です。

これは通信技術のことを言い、それぞれによって特徴があります。

例えば、WiMAXなら通信の速度が速いですし、LTEなら幅広いエリアで使うことが出来ます。

(wimaxの最新情報⇒wimaxおすすめガイド.net

ポケットWi-Fiは基本的に日本中ほとんどの地域で使うことが可能になっています

トンネルや山間部などは難しいですが、日常的に使うのであれば、十分に対応できるのです。



to TOP